社会人講座の利用


勉強対策公認会計士の勉強対策には、効率性が求められますと上述しましたが、仕事をしながら合格を目指すという方も大勢おられます。そこで試験対策にお勧めの勉強方法として、社会人講座の利用が大変お勧めです。社会人講座とは、DVDや動画、オンラインを利用して勉強できるように社会人向けに作られたカリキュラムです。忙しくて時間がない方でも、ご自宅でパソコンやスマホを利用して受講できるようになっているところが特徴であり、限られた時間を有効活用できる勉強方法として、社会人に人気の講座となっています。

今後、ますます公認会計士の活躍の場が広がっていくと予想されますので、今からでも目指したい、興味があるという方は、一度社会人講座について資料請求や問合せをされてみてはいかがでしょうか。

長期的計画を立てる必要がありますが、難関とされる試験も、社会人講座等を上手に利用して効率的に勉強し、国家試験合格に向けて頑張ってください。社会人講座であれば、常に新しい情報を取り入れた独自のテキストや動画で提供されますので、情報収集をする時間がない方でも、安心して利用することができます。キャリアアップを目指す方へ、少しでも参考になれば幸いです。

ue reading »',

合格に必要な勉強時間


勉強時間公認会計士になる為に、必要な勉強時間について考えてみましょう。公認会計士を目指し始めてから計算すると、最初の難関である筆記試験に合格するまでに必要な勉強時間は、3000~5000時間とされています。この数字は独学ではなく、専門学校や大学、大学院等で勉強をして1~4年を費やした数値になっています。

社会人の方で、転職や資格をとって後に生かす為、公認会計士を目指す方もおられます。あるいは、主婦の方で社会復帰を目指して公認会計士を目指そうという方もおられるかもしれません。お金をかけずに独学で試験合格をと考えるお気持ちは理解できますが、公認会計士の国家試験は、それ程甘いものではなく、現役の学生でも簡単に合格できる試験ではありませんので、社会人で、ましてや独学での合格は現実的ではないということを理解しておきましょう。

また、公認会計士は最初の試験に突破しても、まだ何年も実務経験や最終考査を受ける必要があります。つまり、勉強は最初の難関突破後も継続しますので、モチベーションを維持するには相当の覚悟が必要です。その気力を維持する為にも、最初の試験をできるだけ早く突破しなければいけません。やみくもに勉強するのではなく、効率性が求められます。

ue reading »',

公認会計士の試験とは


興味がある公認会計士の仕事に興味がある方、キャリアアップを目指して仕事の合間に勉強したいと考えている方には、社会人講座の利用がお勧めです。その前に、公認会計士の試験内容についてきちんと知っておくと良いでしょう。

公認会計士として登録された人だけが、公認会計士と名乗ることができます。では、登録されるにはどうしたらよいのか、それは、難関とされる国家試験に合格する必要があります。

まず最初に、毎年行われる筆記試験を受けるのですが、その試験は2種類あり、最初にマークシート形式である「短答式試験」を受験します。その次に、記述式である「論文式試験」を受験するのですが、先の短答式試験に合格しなければ、論文式試験を受験することはできません。晴れて二つの筆記試験に合格しても、すぐに公認会計士として登録できる訳ではありません。その後は、二年間の実務経験が必要となる為、監査法人か会計業務を行う企業へ属し、経験を積み、知識と実力を培うことになります。

実務経験をクリアした暁には、修了考査が待っています。日本公認会計士協会が行っている最後の筆記試験を受験し、合格すると、ようやく公認会計士として登録することができます。

このように、公認会計士への道のりは険しく、長くなりますので、いかに効率良く、試験に則したテキストを用いて勉強するかがキーポイントになってきます。これから公認会計士の試験合格を目指す方の為に、勉強時間や勉強方法について說明します。

ue reading »',