合格に必要な勉強時間


勉強時間公認会計士になる為に、必要な勉強時間について考えてみましょう。公認会計士を目指し始めてから計算すると、最初の難関である筆記試験に合格するまでに必要な勉強時間は、3000~5000時間とされています。この数字は独学ではなく、専門学校や大学、大学院等で勉強をして1~4年を費やした数値になっています。

社会人の方で、転職や資格をとって後に生かす為、公認会計士を目指す方もおられます。あるいは、主婦の方で社会復帰を目指して公認会計士を目指そうという方もおられるかもしれません。お金をかけずに独学で試験合格をと考えるお気持ちは理解できますが、公認会計士の国家試験は、それ程甘いものではなく、現役の学生でも簡単に合格できる試験ではありませんので、社会人で、ましてや独学での合格は現実的ではないということを理解しておきましょう。

また、公認会計士は最初の試験に突破しても、まだ何年も実務経験や最終考査を受ける必要があります。つまり、勉強は最初の難関突破後も継続しますので、モチベーションを維持するには相当の覚悟が必要です。その気力を維持する為にも、最初の試験をできるだけ早く突破しなければいけません。やみくもに勉強するのではなく、効率性が求められます。