公認会計士の試験とは


興味がある公認会計士の仕事に興味がある方、キャリアアップを目指して仕事の合間に勉強したいと考えている方には、社会人講座の利用がお勧めです。その前に、公認会計士の試験内容についてきちんと知っておくと良いでしょう。

公認会計士として登録された人だけが、公認会計士と名乗ることができます。では、登録されるにはどうしたらよいのか、それは、難関とされる国家試験に合格する必要があります。

まず最初に、毎年行われる筆記試験を受けるのですが、その試験は2種類あり、最初にマークシート形式である「短答式試験」を受験します。その次に、記述式である「論文式試験」を受験するのですが、先の短答式試験に合格しなければ、論文式試験を受験することはできません。晴れて二つの筆記試験に合格しても、すぐに公認会計士として登録できる訳ではありません。その後は、二年間の実務経験が必要となる為、監査法人か会計業務を行う企業へ属し、経験を積み、知識と実力を培うことになります。

実務経験をクリアした暁には、修了考査が待っています。日本公認会計士協会が行っている最後の筆記試験を受験し、合格すると、ようやく公認会計士として登録することができます。

このように、公認会計士への道のりは険しく、長くなりますので、いかに効率良く、試験に則したテキストを用いて勉強するかがキーポイントになってきます。これから公認会計士の試験合格を目指す方の為に、勉強時間や勉強方法について說明します。